店長のつぶやき

249



今日の目的地である岩下コレクションに到着!!

こちらの複合博物館では、貴重なバイクや世界のクラシックカー他、昭和レトロな雰囲気にひたれる数万点の玩具やポスター、ヨーロッパの美しいステンドグラスやアンティークなど、老若男女、全世代の方に楽しんでいただける博物館です。

ヤングチャンピオン烈コミック「ばくおん!!」7巻(P174~183)に岩下コレクションが掲載されているそうです。

漫画に載るとかすごいな~( ^)o(^ )

施設受付横には、ヘルメットを置く棚が設置されています。

しかもブログやSNS等での写真掲載もOk!!なんとライダーに優しい博物館なのだ!!


https://www.youtube.com/watch?v=jM9k4Ze7RHY
つるの剛士さんもyoutubeで岩下コレクションを紹介されています。


僕はこの動画を事前に見てテンションを上げて臨みました (*^。^*)

ギャルピース∧


もう外の時点でテンションあがるヽ(^。^)ノ

アメリカの航空機エンジン 空冷9気筒

可能であればモンキーに載せかえて、ジェットモンキー改にしたいですっ☆





入口の時点でテンションあがる~↑




なかなかお目にかかれないA型やM型も展示されていました!


1947年式 ホンダA型バイクエンジン50cc

本田宗一郎さんが造った市販 第1号車。ホンダが2サイクルエンジンでスタートした証拠のモデル。

こっこここっ…これは大変貴重な車両ですね(*_*;


スズキ コレダ


歴史を感じるヘルメット達


ところせましと車やバイクが並んでいます!


これはかっこいい!!


ドゥカティ アポロ(イタリア)

1963年当時、ハーレーダビットソンを超える世界最大のバイクで、この1台のみが製造されました。

アポロ4気筒1260ccは、アメリカのハーレーダビットソンの白バイ市場での販売を目標に開発されたバイクです。

その為、車名はアポロと命名され、当時、世界最大のバイクとして1台のみ製造された幻の試作車です。

実際に最高速度200kmオーバーで現在も走る事が出来ます。

こちらのバイクはなんと時価2億円!

なんて貴重なバイクなのだ( ^)o(^ )


個人的にはこのバイクに乗りたいな~!


素敵なおじさんが乗ってそう♪



力道山のキャデラック



昔はこんな車に憧れたな~♪



昭和を感じるコーナーもありました!

なち~


こんなのどうやって手に入れたんや~


個人的にこの福助さんが一番怖かった(*_*;


建物は三階建てになっており、しっかり見応えのある内容でした。

時間の都合上急ぎ足での見学になってしまいましたが、展示品一つ一つにこだわりを感じる他では味わえない博物館でした。

旧車好きな方にはお勧めの博物館です)^o^(


やまなみハイウェイを通り、やまなみハイウェイ展望台を目指します!


が…


あまりにも観光バスが多くて途中で断念しました…



昼食をとる予定だった場所が休業だった為、別のお店でご飯を食べる事に。


空腹かつ冷え切った体にとり天が沁み渡ります!


お土産に馬刺しを購入♪

帰宅後の楽しみができました( ^)o(^ )


【湯の森くす】



冷え切った身体をこちらで温める事にしました!

こちらの【湯の森くす】では九州では珍しいモール泉の温泉です。

モール泉とは植物起源の有機質を含んだ温泉とのこと。

お湯はやっぱり植物系の味がするのかな。どんな味がするのか楽しみです(*^_^*)


湯の色は黄金色です!

身体を洗って湯船へ入ろうとした矢先、後からきた方々が湯船へと入っていきました。

今日は飲泉を断念(T。T) 

やはり人前での飲泉はまだ抵抗があるのです。

こちらの温泉は、ややぬるぬる感を感じる肌に良さそうなお湯でした!

露天風呂は残念ながら工事中の為、入れませんでした。


帰り道で、立羽田の景を通りがかりましたが、しっかり紅葉しており、素晴らしい景観でした!(※11月上旬です。)

写真は撮りませんでしたが・・・撮っておけば良かったと今になって後悔( ^)o(^ ;)

今日はネックウォーマ―のおかげで凍える思いをせず走行できました!




本年も残すところあとわずかとなりました。

来年も従業員一同、皆様にご満足頂けるサービスを心がける所存でございますので より一層のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

良いお年をお迎えください(^o^)
今日は前回と別ルートを通りながら由布岳方面を目指そうと思います!

なぜ前回に続き、また由布岳に行くのだろうか。と感じたあなたは店長ブログのファンですね( ^)o(^ )


いつもご覧頂きありがとうございます!!!

前回は時間の関係で立ち寄る事が出来ず泣く泣く素通りしましたが、今年中に由布院のとある博物館へ行こうとひそかに決意していました。

前回の教訓を生かし、防寒対策としてネックウォーマーを新たに購入しました。

この装備が今回の旅の勝因となるのでした。


朝6時に出発!


日の出をアグリラインで迎える事が出来ました!


夜明けの田んぼを見ると落ち着くのは、先祖が農民だったからなのだろうか。


途中、鹿が道路を横切りました!

危ねえー!と思った反面、このサイズの小鹿なら食べたら美味しいよな〜と思っている僕がいました( ^)o(^ ;)

またジビエ料理食べに行きたいな~

大分県の居酒屋でカラスを提供してくれるお店もあるようです。

カラスってどんな味がするのかな~


山奥で池を見つけました!


ここまで澄んだ池は珍しい!

人通りが限りなく少ない山道で、ひっそりとある池は僕の中でかなりの高得点です(@_@;)

僕は池が好きなので、走行中でも池を見つけるとついついUターンしてしまうのです!

できれば白池のような『池』が使われている苗字が理想的だったな~

池を見ながら缶珈琲を飲んで、5分程チルタイムを楽しみました♪




映えスポット発見!


麻生高野堂というのか(^v^)


せっかくなので、この歴史を感じる石橋を渡って奥まで歩いて散策してみよう


レッツラゴー♪


石階段の登り口に、強面な2人組の銅像が設置されています。


緑色の頭髪がナウ~い♪


階段を上ると本堂がありました!

それにしてもこの辺り一帯は不快な匂いがするな~


気づけば足元一面に銀杏が広がっていました。

銀杏の串焼き食べたいな~♪


今日のルートは、なるべく人に出くわさない山間を通るルートを選びながら走行しました。

長時間、誰にも出くわさない道を走り続けていると、

『あれ?もしかして地球上には僕しかいない!?』

なんて錯覚に陥るのですが、そんな道が僕は大好きなのです。


ギャルピース∧(^。^)∧



こんな道もよき


今日も由布岳が勇ましくそびえ立っています。


この辺りで寝そべったら気持ちよさそう~♪


後編へ続く




楽しみにしていた露天風呂は清掃中の為、13時まで入浴が出来ませんでした(T_T)(現在11時30分)



隣の内湯は入れる為、内湯に入る事にしました!

入浴料300円!安い!



僕の他にお客さんはいない為、貸し切り状態です!

茶色く濁った温泉は初めてだな~

錆のような臭いがフワッと鼻を包み込みます。

試しに飲んでみると血の味がしました♪

鉄分いっぱいとるぞっ☆彡

温度は高めで結構熱いです。 長湯は無理かな〜

真横の女風呂からオバ様達の世間話が聞こえてきます。

一緒に入っている気分だ(^^)



湯上がりの走行でしっかり整った僕は四季彩ロードにさしかかりました。



この道の木々は紅葉が始まっており、赤く染まった木を見る事ができました!




こちら楽楽ではジビエ料理を食べる事が出来ます!



ワオ~ン(ᐡ ᐧ ﻌ ᐧ ᐡ)

まず猟犬がお出迎えしてくれます。




鹿の炭火焼とお味噌汁を頂きました!

鹿のロース部分を生の状態から焼き上げて提供して頂けます。

脂身は少なく、さっぱりした味です。 臭みは全くありません!

備え付けの柚子胡椒と一緒に頂くと更に美味しいです!

これはビールが飲みたくなるな〜

椎茸も炭火で焼き上げていて、肉厚で美味しかったです♪


店内入口に鹿の角も販売されていました!


ヘルメットにこの角を装着したら格好いいのだろうな〜


僕は山王(^!^)

山道で獣に出くわしても負けないよっ


あー!!僕のヘルメット持っていかないで!!


しょうがないな~、角あげるよ


じゃ~ね~☆

このお尻の旗の中はどうなっているのかな?


楽楽の真横にバス停がありました。

こんな山奥にもバス停があるんや~

平日一日一本のみ!!


途中、スカイファームロード日田を経由

景色も良くこの道もよき〜



そんなこんなで熏長酒造に到着!



こちらの酒蔵では、酒蔵で使用されていた道具の展示があり見学する事が出来ます。


展示室までの階段は急です。足元にお気を付けください。

気持ちが高ぶった状態で、日本酒を買って帰路につきます。


帰宅後はしっかりバイクを磨きあげて終了!

うん、嫁の車よりは綺麗になった


今日一日を思い出しながら飲む大吟醸古酒は格別に美味しかったです!

近所の無人販売所で買った馬刺しも大変美味しく大満足な一日でした♪
10月も後半にさしかかり早朝はしっかり冷え込みますね。

今日は大分の由布岳方面に向かいます!

朝の風は本当に寒くて、ネックウォーマーを持って来れば良かったと若干後悔しております…


油木ダムに近づくにつれて霧が濃くなってきました!


夜明け+霧の組み合わせが休日感を掻き立ててくれるぜい(^v^)



油木ダムの水面も霧がかっていて美しい♪

この水面にルアーを投げたい気持ちを抑えて出発!


道グネグネすぎぃい!!


なちー!

幼少期によくよじ登って遊んでいました!


ワラワラ


野営にヤエ〜(^o^)丿

陸上自衛隊の方達が、写真奥にびっちりテントを張っていました!


こっそり迷彩服を着てテントの中で寝ていてもバレないかもしれませんね♪

それにしても今日は寒すぎる! 

山間の気温は12度で思った以上に寒い…とくに首元…

途中、ガタガタ震えながら運転していましたカタカタ(((;゚;Д;゚;)))カタカタ


途中、雲行きが怪しく今にも雨が降り出しそう…

この寒さで雨にうたれていたらと思うとゾッとします…






由布岳に到着♪




快晴で曇が無かったらもっと綺麗だったかな



近くまで来たので金麟湖に立ち寄りました!


この鳥達は動かないので、置物かと思ったら生きていました



これ何の鳥や〜

金麟湖の周辺は、お土産屋さん等が立ち並び歩いて回っても楽しめそうでした!



やまなみハイウェイを経由しました!

          /\ /\  彡⌒ミ/../
          / /\  \(・ω・`)../
        ())ノ__ ○二○二⌒/../
       / /||(二ニ) (___/../ 几l
   γ ⌒ /|Ⅲ||彡Vミ/⌒_ノ二二ノl0
   l| (◎).|l |((||((゚ )/⌒/||三三三・) ||  (´⌒(´
__ ゝ__ノ     ̄(___) ̄  ゝ__ノ≡≡≡(´⌒;;;≡
                       (´⌒(´⌒


道幅も、広く走っていて気持ちいい~

時折、日差しが差し込んでくる感じが最高でした!

次はやまなみハイウェイを目的として来ても良いかも

もう1往復したかったな〜 



後編に続く
前回に引き続き日田市を散策します。

日田市はマンガ『進撃の巨人』の作者 諫山先生の故郷でもあります。

日田市のいたる場所に進撃の巨人に関連する施設があります。

今日はリヴァイ兵長になった気持ちで散策してみようと思います。

ヽ(`Д´#)ノ「全員まとめて駆逐してやるぅぅぅうううう!!!!」



大山ダムに到着!!!

マンガの影響もあるのか、私(リヴァイ兵長)以外の観光客の年齢層は20代が多かったです。

ちなみにリヴァイ・アッカーマンの年齢は30代前半(連載開始当初)、マーレ編では30代後半、最終話の時点では40代前半となっています。

中年の星です♪


こちら大山ダムは『進撃の巨人』連載10周年記念プロジェクトとして、日田市民の有志が集まりクラウドファンディングで資金を募り、エレン・ミカサ・アルミンの少年期の銅像が設置されています!

この口の開き具合や、表情がリアルですね♪


ヽ(`Д´#)ノ 駆逐してやるってんだよっ!!!

専用アプリをいれるとAR体験が出来るようですが、なぜかスマホにダウンロード出来なかった為、僕の想像で再現してみました!

大山ダムの壁面をウォール・マリアに見立て、初めて巨人が襲ってきた「はじまりの場所」を再現。


先程の大型巨人目線でのショットも載せておきますね♪



道の駅 水辺の郷おおやま

道の駅内に『進撃の巨人 in HITA ミュージアム』があります。

こちらは入場無料で展示物の撮影もOKです。


先程の大山ダムにいた大型巨人がここにもいました!!

ヽ(`Д´#)ノ 駆逐してやるってんだよっ!!!


大きな顔が展示してあります! 

ヽ(`Д´#)ノ家に飾りたいってんだよ!!


展示物に中で1番親近感のわく巨人を見つけました!

僕の体型にそっくりです☆彡



中華さと (プノンペンラーメン)

こちらのお店のラーメンですが、定期的に食べたくなる味と田中商会スタッフもおススメです!


中華スープにセロリとトマトがコラボした他では味わえないラーメンです!

トマトは酸味が強くなく甘みがあり、セロリも食感が良く、中華スープとの相性は抜群です。

麺は、ちぢれ麺でスープと具材に良く合います♪

ラーメンのスープが非常に飲みやすく、水筒にいれて持ち帰りたいなぁと心の中で思いました。

(お持ち帰りは我慢してスープをしっかり飲んでおきました)

サーターアンダギーがサービスでついてきました(^o^)丿

大将もすごく良い人でまた訪れたいです!

満腹になったので、次は温泉に向かいます)^o^(




夜明薬湯温泉に到着!!



僕が到着した時は誰もおらず、大浴場は貸し切り状態でした!

泳ぎ放題じゃないかドキドキ


ここの温泉は飲用しても良いみたいです!

誰もいないし今日は飲み放題じゃないかドキドキ

温泉を飲むのは始めて(*^。^*)

誰もいないしお腹いっぱい飲むだよ

ゴクッゴクッ 両手ですくって限界まで飲み続けました。

温泉水の味は、ほんのりゆで卵の味がするお湯でした。

なんだか少し元気になった気がします!

本当は水筒にいれて持ち帰りたかったですが、take outはNGでした。


こちらは薬湯も完備されています!

黄色く濁っており、表面には黄色いカス?(黄色の固まりはお薬だそう)が浮いており入るのは勇気が必要です。

僕はそっと湯船に入りました。

湯船は今まで嗅いだ事がないエキゾチックな香りがします。

湯船の濁りが皮膚に良さそうなので、顔元ぎりぎりまで浸かりました。

皮膚に効いている気がする(*^。^*)

こちらはさすがに飲もうと思えませんでした…



湯上がりの帰り道は非常に気持ちよくて、受けたヤエーは倍返しで手を振りながら帰りました!

ラーメンスープと、温泉水をしっかり飲んだ僕はお手洗いに度々、通う事になりました(*_*;

今日も楽しい1日でした♪
すっかり季節も秋らしくなり涼しくなってきましたね。

皆様いかがお過ごしでしょうか。


私は最近サウナに通い始めました!

サウナに8分程入ってから、水風呂に3分程浸かるのですが、水風呂から上がるとフラフラして歩くのもやっとになります。

これが整うってやつか〜、なんて思ってたらただの目まいでした(^o^)

未だに整うが何か分かりません!!



朝7時の気温18℃。天候は曇り。

前日が雨だった為、天気が少し心配でしたが今日は日田に向けて出発します!

今日の目標はヤエー3人!がんばるゾウ⊂^j^⊃

久しぶりにモンキー125に乗るのでまたバッテリーが上がってしまっている…

押しがけで出発!


行きがけにガソリンスタンドで燃料補給!



道の駅勧遊舎ひこさんで小休憩をとります。





恵みの雨が降りますように☆

山間は肌寒く、インナーにユニクロのヒートテックを着てきて良かったです。
(実はカバンにも、ヒートテックのパッチを忍ばせています)


行者杉に到着!





樹齢600年の杉はさすがにデカい!!

驚きすぎて写真に指が入り込んでしまいました!





花粉症持ちの僕は、絶対春は近寄れないスポットです((+_+))

この近辺の気温は14℃

さすがに寒すぎー!!

杉に隠れながらパッチをこっそり履きました( (´///ω///`)テレテレ)

山奥で中年男性の下半身を見られなくて本当に良かったです♪



松尾神社に到着!


この石階段の上には…

緊張するなぁ…



ここはまさに『チンスポット』なのである!!





どんな気持ちでこの作品を作り上げたのであろうか

気持ちが強く揺さぶられた僕は松尾神社を後にしました。



後編へ続く


今日は阿蘇を目指して出発します!

天気も良く風も穏やかですが、蒸し暑さが続いています。



道の駅 おおとう桜街道にて小休憩をとります。

こちらの食堂でホルモンスタミナ丼を食べたかったですが、昼までご飯は我慢します

ちょっとダイエットも兼ねまして( ^)o(^ )エヘヘ



阿蘇に到着!

景色も良く気分が高揚してきました(*^。^*)



映えますね♪



続いて牧の戸峠に到着!

こちらは標高1330mですが、昼時でも気温は21度!

市街地からすると考えられない涼しさです(@_@;)

この時期でもエアコンを使用せずに過ごせそうですね

やまなみハイウェイを抜けご飯屋さんへ向かいます。


〒869-2501 熊本県阿蘇郡小国町宮原1492
おぐに天然食あるくカフェ

バイク乗りの間では有名なカフェです。

川のほとりのテラス席で、爽やかな空気を吸いながらチルする事が出来ます。

この時期にとくにお勧めです(*^。^*)


若鶏のハーブソテー

ハーブの香りにつられて、僕のヨダレは止まりません(ᐡ`ᐧ ﻌ ᐧ´ᐡ)

2日ぶりのご飯にありついたワンコのように一瞬で完食してしましました!

では帰路につきます!!



お土産で買った辛子阿蘇たかな漬を食べながら今日の出来事を思い返していました。

やっぱり朝に寄った道の駅でホルモンスタミナ丼も食べとけば良かったな~

今日はビールがすすむぜ~( ^)o(^ )


今年はあまり梅雨を感じず、もう夏がすぐそこまでやってきました!

信号待ちで停車するとヘルメットの中が蒸れる時期ですね (*^。^*;)



ちまたでは首に巻くクールリングが流行っているようですが、試してみようかと考えています。




「つつっ…冷たすぎる…」

いっぱい首に巻いたらよく冷えそうですね




今日は博多を目指して出発します!

日差しは強いですが、天気が良くて気持ちいい⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン♪



海辺でちょっと休憩

そよ風がきもちいい~♪⊂二二二( ^ω^)二⊃



ハンモックで寝たら気持ちいいだろうな~

松に囲まれた道も良いですね!




博多に到着!

〒810-0011 福岡県福岡市中央区高砂1丁目5−10
肉が一番 高砂店

昼はこちらで腹ごしらえをします。

店内に入ると肉の焼ける良い匂いが…

注文を終え、ご飯を待つ僕はまるでワンコのように、ヨダレが止まりません。

ク―ンυ´• ﻌ •`υ



これは絶対美味いやつ!!!

赤身であっさりしていていくらでも食べる事が出来ました。

しかも軟らかいです!

ごちそうさまでした(^o^)/

次は、先程のお店から歩いていける距離の喫茶店へ



〒810-0011 福岡県福岡市中央区高砂1丁目21−21
COFFEE COUNTY Fukuoka

ここのケーキは天に昇る美味さです!!



プシューン!!!




櫛田神社に到着

我ながら良い写真が取れました。

待ち受け画像にしようと思います♪



日中は刺すような紫外線ですね( ^)o(^ ;)

今晩のビールは美味しく頂けそうです!




晴天の下、セローは新しいオーナーの元へ旅立つ事になりました。

軽トラに積み込みながら今までの思い出が走馬灯のように思い出されます。

一台のバイクに様々なドラマがあるのです。

僕はセローにとってそんなドラマの1シーンでしかないのです。

Adios Amigo.










SSTR2022に今年も参加してきました!!

基本ルールは、日の出とともに自身で定めた日本列島の東海岸からスタートし、日没までに日本海の千里浜へのゴールを目指します。

「Chasing the Sun」(太陽を追い駆けろ)をテーマに掲げ、東の海に昇る朝日とともにスタートし、太陽を追い駆けながら日本列島を横断し、石川県の千里浜に沈む夕日を見送るという、かつてない壮大なスケールのアドベンチャーラリーです。

優劣をつけるものではなく、それぞれのライダーが自身の旅のテーマに沿い、無事にゴールゲートを通過し、全国から集ったライダー同士で交流を深めることを主な目的とした自己完結型のラリーです。




名門大洋フェリーに到着!



バイクの乗船台数は約40台程でしたが、この大多数がSSTR参加車両です。

新門司港から大阪に向けて出港します。

おら「ちむどんどん」すっぞ( ^)o(^ )





大阪南港に到着~



天気も良くバイク日よりです。



今日はシーサイドオートキャンプ場にてキャンプをします。

海風が気持ちいい~( ^)o(^ )

天気も良くベストなキャンプ日よりでした♪




今日は疲れからか秒で眠りにつきました。



日本自動車博物館に立ち寄りました。

日本自動車博物館は、石川県小松市にある展示台数では日本最大級を誇る自動車博物館です。

自動車産業の黎明期の車から戦後の車まで、メーカーやジャンルなど、さまざまなコンセプトで括った分類で展示しています。






レトロな車両が沢山ありました。




味がありますね~  懐かしい気持ちがこみ上げてきますね~♪







滋賀県高島市のメタセコイア並木に到着

ここは映えるな~



さあ、そろそろ気合い入れて出発するぞ!!!




甘い誘惑に負けました…




千里浜に到着



素晴らしい夕日です。心が洗われます。




会場にて、ぐっさんを発見!

良い思い出です♪







毎年参加しているSSTRですが、参加するたびに新たな出会いや、バイクの楽しさを感じる事が出来ます。

来年のSSTRを楽しみにまた1年間走り続けようと思います。




Adios Amigo



モンキー125に乗ろうと思ったら、バッテリーが上がっているじゃないか!!

今から復活させてやるからな




メガザル!!

モンキー125は生き返りバッテリーが全回復!

【店長】はMPをすべて消費し力尽きた・・・




:(´ཀ`」 ∠):ひでぶっ








僕はこんな道が大好きなんだな♪




きのこも大好きなんだな♪





おにぎりはもっと大好きなんだな♪


師匠ビッグリスペクトです!!






野池に到着~



久しぶりに大きなお魚さんを探すんだな




どの県でも間違い無く釣果を出す事が出来る万能ワーム




ブラックバスが現れた!

【カットテール4インチ】キミに決めた!!

激しいバトル終えブラックバスに勝利した。




さすがゲーリーヤマモト 

どの県の野池でもこれがあれば間違い無い(^o^)/




日明飯店
〒803-0827 福岡県北九州市小倉北区緑ケ丘1丁目4−28

今日のお昼はここに決めた!!

こちらのお店は変わったラーメンもあり、お勧めです♪

今日は「四川ホルモンラーメン」キミに決めた!!

こちら注文時に辛さをどうするか聞かれます。


僕「なるべく辛くして下さい。」


今日はカッコつけてみました。




今日のラーメンはいつにも増して赤いじゃないか…

ラーメンの匂いだけでせき込む辛さです!

3口食べただけで汗が止まりません( ;;^)o(^ ;;;)

ホルモンがいっぱい入っていて美味しいけど今日は辛すぎる!!

後半は涙と汗、鼻水が止まりませんでした。




いや~汗が止まんねーな(*^。^*;)




辛さに自信がある方は是非挑戦してみて下さい。

次回からはちょっと辛めでお願いしようと思います!!

今日は温かいので近所を散策しにぶらっと~ブイン

散りゆく桜を見に行くぞ(^o^)/




こんな道好き(*^。^*)




こんなのも好き(*^。^*)

珍しい無人の野菜直売所でしたが時間も夕方の為、野菜は売り切れでした。



こんなのはもっと好き(*^。^*)





見慣れない山道を入り込んでいくと、舗装されていない道に…


このまま進み続けて大丈夫なのだろうか(^o^;)




さらに進み続けると、立ち入り禁止の看板が。

歴史を感じるトランペットや、台車?がありました!

散りゆく桜を見に行く予定でしたが満足した為、これにて帰路につきます。





今日も楽しい一日でした。

桜は来年またリベンジするぞ(^o^)丿
少し時間ができたので、CT125で山の中をブラブラしてきました。

九州は急に暖かくなり、一気にバイクシーズンになりました!

1月15日 朝9時 今朝の気温は4度です。

今晩の晩酌を求めて熊本まで行ってこようと思います(^o^)/

冬の空気は寒いー!!

道の駅 歓遊舎ひこさんで休憩をとり、小石原にさしかかると…




雪が積もっているではないか!!!





北九州市では積雪の気配すら無かったので、慌てふためき腰を抜かすところでした(( ^)o(^ ;))



ウォウ スワッフッ!



出発時間がもう少し早かったら、路面凍結の危険があったかと…良かった~

幸い路面には雪が積もっていない為、このまま突き進む事にしました!





このまま雪がどんどん深くなっていったらどうしよう…






その後、日田市に近づくにつれて雪は減っていきました♪




本日の目的地である馬刺し岩永本店へ到着!!

こちらで晩酌の馬刺しの赤身、馬心臓根、馬心臓をGET!!

今晩を想像するとテンションが上がるぜ~ヽ(^。^)ノ

あとは帰りに生姜を買えば完璧です。





昼飯は味千ラーメンへ立ち寄りました。




パイクー麺を頂きました!

パイクーとは1頭に2本しか取れない軟骨付きの豚バラ肉を、特性のタレで煮込んだものだそうです。

このパイク―がすごく軟らかくて美味しかったです。

老後でも安心して立ち寄る事が出来ますね~♪

腹ごしらえも終わり、温泉に向かって出発!!




白岩温泉に到着!


白岩温泉家族風呂
〒869-2503 熊本県阿蘇郡小国町下城4111
TEL0967-48-0018
https://tsuetate-onsen.com/Facilities/250


こちらの温泉は24時間営業していて、場所も212号のすぐ側にあるので、阿蘇山へ向かう途中に立ち寄りやすい抜群の立地です。

家族風呂で毎回新しいお湯に入れ替わるのでいつでも一番風呂に入ることができます(^^)/



800円をいれるとお湯が出るコイン式の家族風呂です。

1時間600円~800円の部屋があります。

選べるのであれば800円の部屋がお勧めです。 

岩風呂で雰囲気が良いんです!

さっそく部屋に備え付けてあるコイン式のマシンに800円を投入すると勢いよくお湯が出てきました!


3分ぐらいたってからお湯のたまり具合を確認するとお湯が全然溜まってないじゃないか!!!




なんでだYO!!!


栓をするのを忘れていました(^。^;)



岩風呂から部屋の窓を開けると川が見えます。

時折、対岸の車道を通る車も見えるので隠れながら外の景色を楽しみました(〃∇〃)

800円で入れる家族風呂に僕は大満足でした♪



お風呂上がりに三ツ矢サイダーを飲みました。

100円でこの量は更に満足度が上昇!

阿蘇方面へ向かう時はまた立ち寄りたいです♪



生姜を買って家に帰り馬刺しを頂きました!

馬ウマ〜イ♪ 

今年も良い1年になりそうですヽ(^。^)ノ
午後に入り、新たに中級コースが新設されました。

上級コースの難易度が高すぎた為、急遽コースが変更になったそうです。

中級コースはかなり走りやすく、景色も楽しめてかなり僕好みのコースでした♪

オフロードで走る楽しさを掻き立ててくれました。

楽しすぎて4周は周りました( ^)o(^ )

中級コースで撮影した写真です。



ここ最近は水平を意識しながら撮影を行っております。




この直線コースはとくに面白かったです!!

ここで60km以上出せる人達は本当に凄いと思いました(@□@;)




午後は日が差し込み、広大な自然を楽しむ事が出来ました。


GS&セローさん♪




ウネウネが幻想的♪


土の上を走った後にやってくる舗装された路面のあの安心感は半端無かったです!

久しぶりに実家に帰った時のあの安堵感に似ていますね(*^。^*)

天候にも恵まれ楽しい1日を過ごす事ができました!

このイベントを運営して頂いたスタッフの皆さま本当にありがとうございました。



帰り道の途中で、馬刺しを販売しているお店がありました。


岩永本店
〒869-2501 熊本県阿蘇郡小国町宮原1782−2

赤身の馬刺しは厚切りで食べごたえがあります(^。^)

たてがみも買いました。

食感も良く、臭みもないので本当にお勧めです!!


帰宅後、今日のイベントを思い出しながら食べる馬刺しとビールは格別でした♪

オフロードの楽しさを知れた1日でした(^^)/

次は脱ガゼルを目指します<`ヘ´>ノシ
今日は熊本県阿蘇市で開催されるGEO-RALLY-ASOへ行きます!



イベントがある今週にかぎって九州は雨が続きました。

当日の天候が不安でしたが、今日はなんとか雨が降らず天候に恵まれました!

阿蘇山の早朝は気温4℃

標高1000m付近はやはり寒い( •̀ㅁ•́;)

あたりに街灯も無い為、早朝の阿蘇山は真っ暗です。

夜空に広がる星空を期待していましたが、残念ながら今日は曇りで見られず…no look…



早朝にこんな景色が見れました。




あの光りの下まで行きたいな…





今日はセロー250にて参戦!

写真右後ろに阿蘇山がありますが、今日はお隠れのようです。




7時をすぎるとぞくぞくとバイクが集まりだしました。

ほとんどがGSです。



イベント開始の挨拶が終わり早速ライディング!




絶対1位とるぞー!!!
(※スピードを競うイベントではありません)

初級コースと上級コースがありました。

まずは初級コースをまわり腕ならしをします。



初級コースでもしっかり作り込まれていてオフロードの醍醐味をしっかり感じる事ができました!

しばらくすると初級コースも馴れてきた為、さらなる刺激を求めて上級コースへ向かいす。

上級コースに入るとやはり、初級コースとは違い道幅も狭くアップダウンもきつくなっています。

さすが上級コース

しばらく進むと絶好の映えスポットが!



上級コースに来て良かった〜♪





この後やってくる恐怖にまだ気づいていない僕でした…





進み続けると長い下り坂にさしかかりました。

ここからが恐怖の始まりです!!!

下り坂かつ、石、ワダチ、そしてヌタヌタ!全ての要素が絡みあいエンジンブレーキ・リアブレーキを駆使しようにも止まる事ができない!!

後輪は空転し続ける(*_*;

下り坂をずりずり滑り続け、僕のセローは制御不能に(*_*;

下り坂途中の岩の上でなんとか止まれるも、30 センチ先には深い溝ができており、深い溝と石が激しく絡みあうハーモニー♪




これは完全に詰んだ\(^o^)/




額から汗がタンクへ滴り落ちました

この時点で、上級コースに挑んだ愚かな僕を激しく後悔!

これはどう進んでも転ける気しかない…


誰かに助けてもらうにも足場も厳しく、暫く動けず考えた結果、転ける覚悟で発進!!


ブバババッ!!!!!
ブバッ!ブバババ!!


半クラを駆使!ここまでアクセル操作に気を使ったのは初めてかもしれない

後輪が振られる今の僕はまるでサバンナで傷ついたガゼルのよう…


ガゼルですが何か?


ふらつきながらなんとか脱出(*_*;)


Uターンも不可能な為、傷ついたガゼル(僕)はふらつきながらも下っていきます。

汗が体中から吹き出し、全速力でチーターから逃げまわっていたサバンナのあの頃のような息切れが襲ってきました(*_*)





ここまで酸素を欲した事があっただろうか…




魔の下り坂を下り終えた時には腕も脚もガクガクでした。

そして進み続けると、最後の難関と思われるヌタヌタな登り坂が現れました!

これは転ける気しなしない((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

登ろうか、引き返そうか決めかねていると、「大型は厳しいけど、セローなら行けるよ♪」とありがたいお言葉を頂きました。


これは漢なら行くしかない!と意気込むも脚はプルプルです。



おら行くぞ



ブババババッ!!!!!



覚悟を決めて登ると後輪を振りながらもなんとか登りきる事が出来ました!!!





上から撮影していますが、実際に下から見るとヌタヌタかつ坂で思わず躊躇してしまいます。

上級コースを周り終えてしばらく動く気力がありませんでした。


お昼はお弁当が配られました。


阿蘇の景色を見ながら食べる弁当は格別に美味しかったです!


②へ続く


朝4時に目が覚めたので今日は野池パトロールに行こうと思います。




池へ行く前に近所の海にて

漁師さん達が船で出発されていました。

みなさん早起きですね。

気候が秋らしくなり、朝の風はひんやりとしてきました。

薄暗い朝の道をバイクで走るのは気持いい〜





野池に到着!

紅葉が始まりだしていて、池の雰囲気もすっかり変わってきました(^。^)

小鳥のさえずりを聞きながらお魚さんを探します♪




pdチョッパー 跳ねsp&ドライブビーバー

(色の組み合わせがちょっと微妙ですが…)

ひたすらゴン攻めするも反応無し。

朝6〜7時にかけてのボイルが多くなってきました!

なんとかトップ系で上げたいところですが、全く反応が無い!

気持ちだけは焦る( ^)o(^;)




RAID JAPAN / LEVEL VIB B.I.G

一投目でヒット!!!

さすが秋のバイブレーションヽ(^。^)ノ




可愛らしい小バスさんこんにちは!!!

バイブレーションは普段あまり投げませんが、飛距離もでてこの時期の野池サーチに適していますね。

巻く時に手がブルブルなって気持ちいい〜♪

ちょっとしたブレイクタイムに




なんだかこの珈琲缶を眺めているとまた船の揺れを思いだしてきました…うぷ

そうなんです、
前回行った筑前大島の一番景色が良い所でこの珈琲を飲もうと決めていましたが、船酔いがひどくそのまま持ち帰っていました。


ここにきて、ようやく飲むことができました(^。^;)


お腹が減ったので腹ごしらえに




お昼はラーメンを食べに行きました。

まんしゅう軒(宗像)
〒811-4212 福岡県遠賀郡岡垣町黒山1347−1




まんしゅうセット1000円


昭和を感じさせる懐かしい雰囲気の店内です。

かなりの低姿勢で店員のみなさんが接客をしてくれます。

なんだか僕まで低姿勢に(^。^)

味はしっかりとしたコクのある豚骨ラーメンですが、あと味はすっきりです。

普段は絶対替玉をしないと決めていますが、今日は替玉解禁してしまいました!

スープも飲み干してしまいました!

ド臭い豚骨はちょっと苦手という方にとくにオススメです。

チャーシュウもこってりしすぎず僕好み♪

近くを通りかかる機会があれば立ち寄ってみてください。

この近辺の道はバイクも走りやすく沢山のライダーとすれ違いました。



次は大きいお魚君を探すどー( ・`д・´)
目的地の大島に到着し、なんとか船から降りる事ができましたが、吐き気もあり暫く動く事ができませんでした。

どうやら私は乗り物酔いしやすいタイプのようです…

10分後に復活!!

大島を冒険するぜ~




加代海岸に到着

約300年前の江戸時代に福岡藩の流刑場とされた。多くの流人(ながされ)は時給自足の生活をしていたそうな。




ここに流人モンキー125が隠れています。

見つけれた人は視力4.0




(カナディアンキャンプ大島牧場のお馬さん) ヒヒ―ン!!!




砲台跡(風車展望所)

空気が良ければ沖ノ島見えるとの事ですが、今日は沖ノ島は見えず… 残念!




この見張り台から敵を発見し、キャノン砲を発射させたのでしょうか…




こんな感じでしょうか…




馬蹄岩にて 

写真では伝わりにくかったですが波がかなり高かったです。




高い位置から見下ろすかたちで写真を撮っていましたがここまで波しぶきが飛んできました。

火サスに使われてそう(@_@;)

この波に巻き込まれたらただではすまない。





大島は道も整備されており、125cc以下のバイクだととくに走りやすいと感じました。

海、山に面し景色も良いです。

次に行く機会があれば昼ご飯を大島で食べてみたいです。

魚を使った定食屋さんや、お洒落なカフェもあるのでお昼の時間帯に行くのも良いと思います。

とにかく波が低い穏やかな日に行く事をお勧めします!!!




帰りの大島港ターミナルにて




帰りの船はデッキには上がらず、大人しく客室の椅子に座りました。

酔いやすい私は窓が見える席一択です。

これからもこのスタイルを貫きます。


帰宅後はバイクをキレイに洗車し終了〜♪

今日でまた漢に磨きがかかった気がします。

そんな1日でした♪

島は漢のロ〜マン〜♪

漢なら一度は島をバイクで走りたい。なんて思う時がありませんか。
私はあります!!
という事で今日は宗像市にある筑前大島へ向かいます。

とその前に
モンキー125の純正マフラーを、チタンカラーマフラーへ変更しました。
低回転での音が純正に比べて低く、より野太い音質に変わったと感じます。
このマフラーに変更してから低回転でずっと走り続けたくなります。
車体のブルー色とチタンカラーの組み合わせにより統一感がでており、より格好よく仕上がっています。

モンキー125用 チタンカラーマフラー [1744W]
https://www.monkeyparts.net/product/3725




それでは島に向かって出発!

出発時間は朝6時でまだあたりは薄暗いです。気温も低く風が気持ちいいです。

神湊港に到着!


※ターミナルの文字は遮られています。

第一便7時40分発 フェリーおおしま に乗り込みます。

大人570円
バイク125cc以下 640円

早い時間にも関わらず、港は予想以上に人が多かったです。

受付けにて、第一便はバイクの定員が上限に達した為、私の乗船を断られてしまいました。

諦めかけたそのときっ!!!

バイクの乗船キャンセルがでたので運良く乗り込む事ができました。
あぶねー( •̀ㅁ•́;)

バイクの乗船は、事前予約が出来ないので複数台で行かれる方は早めに港へ行ったほうが良いかと思います。


乗船後、船員の方達がバイクを動かないようにしっかり固定してくれました。
ん~プロの仕事ですね~(^。^)


大島へ向かって出発進行!


久しぶりの船に気分はルンルン♪

このとき私はかなり浮かれていました。

ここは船の一番上にある展望デッキに行くっきゃない!と思い幼少期の気持ちで展望デッキへ上がりました。

しかし、ここからが悪夢の始まりです!!

今日はここ最近になく風が強い日ということもあり、波が高く船の揺れがとにかくすごい!

右に左に激しく揺られデッキで立ち続ける事だけでも必死((+_+)))

強風にのせて時折飛んでくる海水で瞬く間に服はびっしょり

すぐ乗り物酔いになってしまい展望デッキから避難しようにも、揺れが凄すぎてなかなか降りる事ができない((+_+)))千鳥足必須!!

そして絶え間なく飛来してくる海水


嗚呼、


ぴえん…


風が強く波が高い日に、乗り物酔いしやすい人はデッキに出るなんてことは考えず、客室にて着席する事をお勧めします!

船の揺れに強く、俺は濡れても関係ないんだぜ〜!というワイルドなスギちゃんタイプの人以外はデッキに近づかない事を強くお勧めします!


続く